> 起業

癒しの空間を構築する

訪れたのは岡山県赤磐市(あかいわし)。
白桃発祥の地として知られ、多彩な果実が実るフルーツ王国。その王国にひときわ異彩を放つ観光地があります。

「熊山英国庭園」

自然美をふんだんに取り入れた英国風の庭園には、約250種類、800本のバラがきれいに咲き誇っています。ここは、まるで絵本の世界のような空間。

今回は、この庭園で“癒し”をテーマに起業する地域おこし協力隊を募集します。“癒し”から連想されるのはアロマテラピー、ヨガ、マッサージなど様々。この場所を活用した、癒しのアイデアがある方は、ぜひ挑戦してみてください。

熊山英国庭園は、市の観光施設でもあることから、市観光担当の、赤磐市商工観光課の成田さんに話を伺いました。

「熊山英国庭園はかつて小学校だった場所(旧小野田小学校跡地)を整備して造られた庭園です。校庭は、英国風の庭園に生まれ変わっていますが、校舎は取り壊さずそのまま残っています。この校舎は、市民に開放されていて体育館は多目的ホール、教室は陶芸教室や色鉛筆教室、ハンドメイドの体験工房などに使われています」

教室には様々な体験の会員募集の張り紙は貼っていました。普段から市民が集えるコミュニティスペースのような使い方をしているようです。

多目的ホールとして使われている木造の体育館

 

「英国庭園には年間約4万人の方が訪れます。ただ、バラが咲き誇るのは6月。花のある時期は観光客で賑わっていますが、それ以外の時期はどうしても人が少なくってしまう。行政としては、それ以外の時期にも観光客や地元の方々から愛される場所にしたいと考えています。そこで、2018年3月にアロマテラピーやヨガ、マッサージなどの“癒し”をテーマにした体験棟を庭園内に新設しました。この体験棟で、事業者に癒しのサービスを提供してもらい、年間を通して観光客や市民が訪れるような魅力を生み出していきたいと考えています。」

新設された体験棟

アロマを使ったハンドマッサージ

 

この体験棟も体育館や教室と同じく、活用したい事業者や市民に貸し出しているそうです。現在は、地元のセラピストに事業委託をして、アロママッサージやヘッドスパなどのサービスを提供しています。

セラピストのサービス提供は、月に4回程度。始まったばかりとはいえ、まだまだ施設が使われていない日があることを、成田さんは残念がっているんだとか。そこで、地域おこし協力隊の出番というわけです。与えられるミッションは、英国庭園の運営・管理と体験棟を活用し、今まで以上に魅力的な場所にすること。庭園内に植えられているバラやハーブも活用してもらっても構わないそうです。これは、いろいろな想像が膨らみます。全国でも珍しい地域おこし協力隊の募集ではないでしょうか。

一方で、日々の業務内容は少し想像しにくい。そこで、もっと詳しく知るために、この度の協力隊の受入担当者である赤磐市熊山支所産業建設課の山本さんに伺いました。

お二人ともとても気さくで明るい方でした

 

「地域おこし協力隊の仕事内容としては、まず英国庭園の運営・管理に携わりながら、施設を知ってもらいたいと考えています。植物も様々な種類がありますし、貸し出している建物の管理などを通じて今の現状を知ることから、何かヒントを見つけてほしいと思っています。いまは、5人の臨時職員に管理してもらっているんですが、そのメンバーと一緒に取り組んでもらいます」

「あとは、庭仕事を学びながら、他の時間でイベントや体験棟での事業を考えていただければなと思っています。英国庭園では、英国庭園活性化委員会が主催するイベントが年に数回開催されているんです。委員会のメンバーもそれぞれの仕事の合間を縫っての活動であるため、できる範囲が制限されたり、例年に似たり寄ったりしてしまいがちです。こうしたところに、地域おこし協力隊としてのあなたの、パワーやアイデア、バイタリティを活かしながら、コミュニケーションを取りながら、今までのイベントに新しい魅力や色を添えて欲しいですね」

庭園は行政が運営しているため、入園料はありません

 

英国庭園活性化委員会とは地元の人たちによる有志団体。区長さんを中心に集まり、現在は約20名が在籍しているそうです。英国庭園が営業不振の頃、英国庭園を盛り上げ、守るために作られたという経緯があります。協力隊は、この委員会の会員になるそうです。新しいアイデアでイベントを活性化させることも、仕事の一つ。

この委員会、月に一回の定例会があるそうで、この定例会が地域に溶け込んでいくきっかけになりそうです。

ハーブガーデン

 

そして、もう一つが、体験棟の利活用です。体験棟は、まだ認知度が低いこともあり、最大限活用されていません。この状況を踏まえ、どのようにして人の集まる場所に変えていくのかが問われます。

「最終的な目標としては、協力隊の任期終了後に、この体験棟を使って起業してもらいたいんです。“癒し”にまつわることであれば、なんでも実現してください。庭園には約1万6千本ものハーブも栽培しているので、有効活用もできると思いますよ。アロマオイル、ハーブティーとか商品開発も出来そうですよね」

確かに、お話を聞いていると起業には最適な場所かもしれません。様々な植物があり、施設もある。あとはこの資源を活かしきれるアイデア次第ということでしょうか。しかし、事業を継続していくためには様々な努力が必要です。

そこで行政として、どのようにサポートしていくのか引き続き、山本さんに聞いてみました。

やはり、新しい土地で新しいことをはじめる時に、相談相手がいないのはきついですよね。こちらとしても、相談してもらって初めてわかることってたくさんあると思うんです。だからこそ、この度の協力隊員さんには気さくに色々と相談してもらえるようにしたいです。よくも悪くも友達みたいな関係ですね。市役所の人だから相談しにくいとかではなくて、ちょっと聞いてよーくらいのフランクでラフな感じの方がいいかなと思います」

山本さんの心強いバックアップがあれば、面白い提案をどんどん実現していけそうです。

最後に、どんな人に来てもらいたいですか。

「この体験棟をいい意味で利活用してくれたらいいと思うんです。起業には設備を用意したり備品を購入したりと費用がかかります。ビジネスとして、自分のアイデアがどこまで活かせるのか判断できないのが実情です。ですが、ここには、設備も備品もあります。あなたのアイデアがどこまでビジネスモデルとして実践できるかを試すこともできます。起業するため、自分の夢を実現させるために。地域を、英国庭園を利用してやるぞって、お客さんをいっぱい見つけるぞっていう強気な気持ちを持った方に来ていただければと思います。」

成田さんにも聞いてみます。

「起業のモデルプランをしっかり描いていて、この3年間で試してみたい。そういった考えの方がマッチしやすいのかなと思います。3年間は試行錯誤の助走期間で、任期終了までにどのようにして事業として成り立たせるか。事業として成り立つかはやってみないとわかりませんが、そこは私たちも、できる限りのサポートをします。ですから、自分の目標をしっかり持って挑んでもらいたいですね」

今回の応募では、3年後のビジョンが求められそうです。自分は何がしたくて、何ができるのか。今一度考えてみてください。ただ、いますぐにビジョンやアイデアが思い浮かばない方も多いはず。

そう感じたなら一度、熊山英国庭園を訪れてみるのはどうでしょうか。庭園内をゆっくり散歩すると、“癒し”のアイデアが浮かんでくるかもしれませんよ。

 

 

求人募集要項
企業名・団体名赤磐市役所
企業・団体情報赤磐市総合政策部まち・ひと・しごと創生課
募集職種地域おこし協力隊
雇用形態赤磐市との雇用契約は結びません。
※ 任用期間は、委嘱の日から1年間とします。ただし、活動状態が良好であると認められれば1年単位で更新し、最長3年まで延長することができます。
仕事内容① 新設した体験棟を利活用し、アロマテラピーや癒しの空間をテーマとした各種イベントの開催及び事業推進(事業企画、運営、情報発信等)
② 赤磐市及び熊山英国庭園活性化委員会が運営する事業(スプリングフェスタ、オータムフェスタ、クリスマスコンサート)への参画、協力及び支援
③ 園内施設を利活用したイベントや事業の企画、運営(上記、赤磐市及び熊山英国庭園活性化委員会の主催・運営するイベントを除く)
④ SNS 等を活用した熊山英国庭園の魅力発信(フェイスブック、ツイッター、インスタグラムなど)
⑤ 小野田地域内のヒト・モノ等を巻き込んだイベントや事業の企画、運営
⑥ 熊山英国庭園活性化委員会委員への就任
採用人数1名
給与(1年目):月額166,000円
(2年目):月額180,000円
(3年目):月額200,000円
福利厚生・赤磐市との雇用契約は存在しないため、社会保険等には加入しません。(国民健康保険料、国民年金保険料は、各自負担願います。)(労働保険に加入しませんが、代替支援があります。)

・ 活動には、公用車が使用できます。(貸与)

・ タブレット又は PC ほか、活動に必要な物品を、予算の範囲内で貸与(又は支給)します。

・赤磐市に赴任する際の引越し費用(交通費を除く)は、予算の範囲内で赤磐市が負担します。
勤務地赤磐市殿谷 170 番地1
勤務時間月160時間を目安とします。
休日・休暇土曜日、日曜日、祝日の活動があります。ただし、休日等に活動した場合は代休対応となります。
住宅委嘱期間中の住居は、原則として赤磐市が借り上げた住居を貸与します。ただし、光熱水費等の家賃以外の費用は自己負担とします。
募集期間〜2019/12/7
応募資格・選考基準・応募の日において満20歳以上概ね50歳未満であること。(性別は不問)
・現在、3大都市圏、政令指定都市又は地方都市等に在住する方、若しくは一定期間の隊員経験がある方で、赤磐市地域おこし協力隊員として決定後は、原則として赤磐市内に居住することができること。
・心身ともに健康で、地域住民や先輩協力隊員と協力し、積極的に地域おこし活動に取組むことができること。
・応募の日において、自動車普通免許(AT限定可)を所持している、若しくは着任までに確実に取得予定であること。
・SNS による積極的な情報発信や、メールの送受信、文書作成、表計算など情報処理ができること。
・地方公務員法第16条の規定による欠格条項に該当しないこと。

※地域要件については、総務省の「地域おこし協力隊」の関連ページで確認してください。
選考プロセス1.本サイトからのお申し込み
2.書類選考
3.面接
※不採用理由についてのお問い合わせにはお答えできません
※募集中であっても、都合により募集を中止する場合があります。
その他

赤磐市HP
JOIN 地域おこし協力隊募集ページ

関連記事

  1. 日本一長いつり橋から
    日本一愛されるつり橋へ

  2. 輪島塗りは世界一
    これからの職人たちの戦い

  3. 観光牧場のパイオニアが目指す
    未来のカタチ

  4. カラフルな“いいまち”を作ろう