> 就業

たくさんの笑顔が溢れる町を目指して

病や障がいで心や体が弱ってしまった人、生活することに困ってしまっている人。そんな人を助けたい、支えになりたいと医療の道を志す方は多いと思います。

医療に関わる様々な職種、業種がある中で、今回お話を伺ったのは訪問看護・リハビリと言われる在宅医療の分野。高齢化社会を迎え、病院のベット数も限界を迎える今、自宅で療養を行うこの分野は今後の医療のあり方として注目されています。

訪問看護・リハビリは医師の指示のもと、看護師や療法士等が病気や障害を持つ方の家に訪問して体調チェックやリハビリ、療養相談など、自宅ケアをしている方に寄り添う仕事です。健康状態の悪化防止や、回復に向けてお手伝いします。 入院生活では病院の1日の流れやルールに沿って生活をしますが、ご自宅では利用者さんの生活リズムやお家のルールがあります。そのため、その人その人に合わせた柔軟なサービスを提供しているそうです。

大切にしているのは、医療の中に生活があるのではなく、その人の生活の中に医療を届けるということ。今回はそんな訪問看護・リハビリの仕事をする仲間を募集します。


舞台は島根県雲南市三刀屋町(みとやちょう)。山間部に位置し高齢化が進むこの地域では在宅医療の重要性が説かれながらも、家々の距離が離れているなどの理由で訪問看護・リハビリをするには効率が悪く、民間の事業者も撤退をしていった地域です。

地域課題として上がっていた在宅医療資源の不足に対して、雲南市の行政や中間支援組織である町づくりNPO法人、周りの医療機関が協力し体制を整えようと声をあげていました。

そんな地域にUIターンした若い看護師3人が熱い想いを持ち、訪問看護・リハビリのサービスを提供するナースステーション“株式会社Community Care(コミュニティケア)”を立ち上げました。

「最初は若い人には無理だと言われ、辛い思いもしました。でも地域住民、行政や病院の方などたくさんの人が支えてくれたからこそ、今日まで頑張ってこれたんだと思います」

そう教えてくれたのは代表の中澤さん。出身は神奈川県でこの地域にIターンしてきたそう。なぜこの地域に移住したのか、コミュニティケアをどうして立ち上げたのか、0から始まったそのストーリーを教えていただきました。


「私は大学卒業後、地元の病院で看護師として勤めていました。そこで気づいたのが、入院されている患者さんの悩みや困りごとのほとんどは、病院での今ではなく、ご自身の暮らしの中のことが多いということです。例えば、家族の様子や、ペットのお世話、お友達が健康なのかまで、入院生活よりも当たり前の日常のことを心配されます。そこから病院で入院生活を送るよりも、地域に帰って、その人の暮らしの中でケアをすることに興味を持つようになりました」

日本だけでなく、海外の病院などでも地域医療のあり方を学んだという中澤さん。これらの経験を通して、地域の中に看護師が入り、医療サービスを提供することの可能性に気づいたと言います。

「目指したのは、病気になっても”自分はここにいてもいいんだ”と思える地域です。健康な人も病のある方も、医療や福祉に仕事として関わる人だけでなく、いろんな分野の人が、お互いに応援しあえる関係性がある地域。その実現のためにこの雲南市に来ました」


「なぜ日本全国の中で雲南市を選んだの?と思われる方も多いと思います。実は雲南市はチャレンジへの支援が手厚い地域なんです。友達に誘われて訪ねた雲南市で、当時NPO法人おっちラボの代表兼、雲南市立病院の保健師をしていた矢田明子さんに出会い、行政やNPO法人、地域住民までみんなが一丸となって医療福祉のチャレンジを進めていることを知りました。そうした地域全体で頑張る姿に可能性を感じこの雲南市にきました。そこで創業メンバーである3人が同じように矢田さんと出会い雲南市でチャレンジしたいと集まり、コミュニティケアを立ち上げたんです」

創業前から地域の協力は手厚く、現在も固い絆で結ばれているそう。その代表例として紹介してくれたのがコミュニティケアの事業所でもある“三刀屋世代間交流施設ほほ笑み”です。


この施設は2015年に、地域に愛される本屋さんだった場所を改修し、市民の憩いの場として使えるように設立されました。施設の運営はコミニティケア以外に三刀屋まちづくり協議会、障がい者就労支援を行う合同会社の異業種3社合同で開始されました。全国的にも珍しい取り組みだったそうです。

こういったところにも垣根を飛び越え、協力しながら地域活性化を目指すという雲南市の特徴が表れています。

コミュニティケアでは、訪問看護・リハビリの他に、この施設を利用し健康相談や、サロン活動を行う「コミュニティケア事業」も行なっています。

「コミュニティケア事業では、人の繋がりを生むということを重視してるんです。健康相談などのサロン活動を行うと、地域住民だけでなく、近隣の看護学生も見学に来てくれます。人の繋がりが多い人は健康度が高いというデータもあるんです。だから私たちはこの事業を通してコミュニティづくりにも挑戦しています」

地域密着のナースステーションとして、既存の医療サービスだけでなく予防医療やコミュニティづくりの分野までを本気で事業化しようとしている点がコミュニティケアの強みです。

中澤さんが考える健康な人もそうでない人も、年齢も関係なく、地域のみんなが共生し輝ける社会の実現が一歩一歩近づいています。

健康サロンの様子
多くの人が集まり新たな出会いが生まれています

 

こうした活動に惹かれコミュニティケアには訪問看護への関心が高い若手スタッフが集まっています。3人でスタートした会社も現在は11名まで増えました。しかし、在宅医療の裾野を広げていくためには、まだまだ人材が不足しています。

「訪問看護師は看護師全体の3%程度しかいません。高齢化社会において訪問看護のニーズは増していくので、担い手の確保が急務です。そのため子育てしながらでもはたらける制度や柔軟な組織体制など、一人一人のライフスタイルに合わせながら働ける組織づくりに力を入れています」

また、利用者さんの病態を理解するためのスッタッフ間で行うカンファレンスを定期的に開催し、技能向上にも努めています。何か相談がある場合は先輩が丁寧に対応してくれるので、新しく働く方でも心配ありません。

新卒で入社し、理学療法士として訪問リハビリを担当する佐伯さんにもお話を伺いました。佐伯さんは高校生時代お世話になった理学療法士の方に憧れ、スポーツの現場で活躍できる仕事がしたいと思い、理学療法士を目指したそうです。

スポーツ分野から訪問リハビリへと興味が移ったのは、臨床研修という病院や施設で実際の現場を体験する授業がきっかけだと言います。


「臨床実習で関わった患者さんとは院内生活の間しか接することができません。でも私はその方の入院前、退院後にどんな生活をされているのか気になりました。それをきっかけに、長期的に利用者さんと関われる訪問リハビリへと興味を持ち、先生からこの会社を紹介してもらったんです。会社見学の際には、訪問リハビリの現場に同行させてもらいました。そこで見た、利用者さんの望む生活ができるように一緒になって考え行動している姿がとても印象的で、ここで働きたいと思ったんです」


入社当初はどんなリハビリをすればいいか、悩むこともあったそうです。しかし、事業所で受ける先輩スタッフからの丁寧な指導や、利用者との会話から困っていることを聞き出すようにしたことで、徐々に自分なりの方法を見出して来ました。

現在では利用者さんの希望に沿った目標をしっかりと設定し、生活で感じる課題を解決できるようなリハビリを心がけているそうです。

職場の雰囲気を聞くと、とても仲がいいんですと笑顔で教えてくれました。

「スタッフは若い人が多く、すごく良い雰囲気です。先輩から飲食店やカラオケ行こうと誘ってくれます。マラソン大会にも一緒に出ています。みなさんすごく良くしてくれるのでこの環境に来て本当に良かったと思います」

働く仲間は同じ志を持つ方が多く、それも働きやすさに繋がっています。


最後に中澤さんから訪問看護の醍醐味を教えてもらいました。

「看護の本質ってその人の生命力を最大化させるために、どんなサポートが必要なのかを考えることだと思います。医者からの指示だけでなく、その人がどうしたいのか、それを一緒に考え医療サービスを提供していく、やりがいのある仕事です。コミュニティケアでは“幸せな瞬間をプロデュースする”という理念を掲げています。看護には決まった形はありません。その人がどこで幸せを感じるのか関係性の中から気づき、それを支えるのが私たちの仕事です。本当に面白い仕事なので、もっと多くの方と一緒にサービスを広げていきたいですね」

様々な人を巻き込みながら模索する医療とケアの新しいカタチは、これから地域医療の答えになるのかもしれません。ぜひコミュニティケアで、暮らしにそっと寄り添いながら、あなたが考える幸せを一緒に探してみてください。

事業所見学希望者は下記応募ボタンからの問い合わせ
またはコチラから詳細確認、応募をお願いします

求人募集要項
企業名・団体名株式会社 Community Care
企業・団体情報【業種】訪問看護サービス・訪問リハビリテーションサービス
【設立】2016年3月
募集職種①看護師
②作業療法士・理学療法士
③事務(パート)
雇用形態正社員またはパート
仕事内容◆看護師・療法士
・医師の指示のもと、訪問看護サービスの提供及び、それにかかる事務作業。
・ご利用者様、ご家族様、医療機関、福祉事業所など関係機関との連絡調整。
・サロン等の予防的活動。

◆事務
医療事務・経理・総務
採用人数各1名
給与【正規職員】
◆看護師 月給230,000円〜300,000円
昇給、時間外手当あり
◆療法士 月給180,000円〜
昇給、時間外手当あり

【非正規職員(パート・アルバイト)】
◆看護師 時給1,250円〜
◆療法士 時給1,000円〜
◆事務 時給800円〜
*経験に応じて
福利厚生賞与あり(年2回)
社会保険あり(厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険)
住宅補助あり(住宅手当あり)
退職金あり
手当あり(住宅手当、お正月手当、待機手当、出動手当、みなし残業手当)
子連れ出勤制度、産前産後休暇制度、育児休暇制度[男性スタッフ取得実績あり]、育児時短制度あり
※職種・雇用形態によって異なります
勤務地島根県雲南市三刀屋町三刀屋1065-1
最寄の木次駅から徒歩20分。三刀屋バスセンターから徒歩3分。
マイカー通勤OK。*無料駐車場あり
勤務時間①②
8:30〜17:30
パート・アルバイトは希望によって相談
昼休憩1時間

週2日〜、1日4時間〜
*勤務時間及び休憩時間は平日8:30〜17:30の間で希望によって相談
休日・休暇週休2日
夏季休暇、冬季休暇あり
募集期間〜2020/11/30
応募資格・選考基準看護師免許、療法士免許、運転免許
人と向き合ってじっくり看護をしたい方、その人らしい生活を支えて行くケアをしたい方ぜひご応募ください!
初めてなので不安と言う方も、手厚くフォローして行きます。
※事務は運転免許のみ必須
選考プロセス1.本サイトからのお申し込み
2.事務所見学
3.書類選考
4.面接
※不採用理由についてのお問い合わせにはお答えできません
その他

Community Careホームページ
Facebook

関連記事

  1. 新しい景色へ
    漕ぎ出そう

  2. moritani1|localterasuローカルテラス

    地域らしさと自分らしさ、“らしさ”が溢れるフルーツ屋さん

  3. 地域を変える
    ローカルブルーイング

  4. 確かな技術で製品を支える
    縁の下の力持ち