> コラム

“地方で兼業”に交通費支援
地方で働く新たな可能性とは

 

2020年度は、まち・ひと・しごと創生総合戦略の第2期が始まり、関係人口創出に向けた政府の取り組みが本格化しています。今回のコラムでは関係人口増加のための副業の解説、また地方での副業案件を取り扱うマッチングサイトについて紹介します。

まち・ひと・しごと創生総合戦略、関係人口の詳しい解説は過去のコラムで詳しく解説しています。

政府が副業に注力!副業人材への交通費支援

 

移住促進に陰りが見える中、政府は移住者ではなく地域に関わる関係人口を増やそうとしています。そこで、この関係人口を増やすきっかけの一つとして注目されているのが副業です。この副業ならば生活基盤を都市部に置いたまま、スキルや経験を活かして地方企業や地方創生に関わり、関係人口の増加につながる可能性があります。このような都市部×地方の関係人口促進のため、政府は東京圏に住みながら地方で兼業や副業をする人に交通費を支援する制度を始める計画を進めていることが発表されました。

日経新聞に取り上げられた内容は以下の通りです。

 

地方で兼業、交通費支援

政府、3年で最大150万円

政府は2020年度に、東京圏に住みながら地方で兼業や副業をする人に交通費を支援する制度を始める。20年度予算案に計上した1000億円の地方創生推進交付金を活用し、1人当たり年間50万円を上限に3年間で最大で150万円を支給する。交通費が往復で1万円を超える場合、国と地方自治体がその半分を兼業や副業先の企業に助成する。

主に東京と神奈川、埼玉、千葉の1都3県から他の地域へ兼業・副業として通勤する人を対象とする。1都3県の中でも交通の利便性が低い過疎地などへの通勤は対象に含める。

政府が兼業・副業の拡大を促す背景には東京一極集中に歯止めがかからない現状がある。東京圏の1都3県の転入者が転出者を上回る「転入超過」は18年に約13万6千人にのぼった。移住による地方の定住人口の増加は限界があるとみて、生活の拠点を東京圏に置きつつ地方と関わる「関係人口」の増加をめざす。

引用:2020年1月10日 日本経済新聞朝刊

 

政府から細かな点を示した文章は現時点では公開されていないので詳細は分かりませんが、この新制度を使うと、1人あたり年間で最大50万円支給され3年間で最大150万円が支給される予定で、交通費が往復で1万円を超える場合には、国と地方自治体が半分ずつ兼業・副業先の企業に助成する仕組みとなっています。支援を受けられる対象地域は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県から他県に兼業・副業として移動する人を対象としているようです。

この制度が始まれば、地方企業が業務委託人材活用に取り組むハードルが一気に下がり、副業人材を募集する企業は増加することでしょう。しかし、注意すべきなのは現状では制度利用の申請方法や適応事業者など、細かな情報については明記されていないということです。興味がある方は追加の情報をしっかりと追っていき、理解を深めた上で制度を利用するようにしましょう。

 

出典:まち・ひと・しごと創生基本方針2019(案)概要

出展:まち・ひと・しごと創生長期ビジョン(令和元年改訂版)及び 
第2期「まち・ひと・しごと創生総合戦略」(概要)

 

 

都市部×地方!副業マッチングサービス

都市部×地方の副業を掲載しているマッチングサービスを紹介します。

Skill Shift

全国の地方自治体や銀行、企業などと協力して副業を募集しています。案件は単発というよりも中長期関わる案件が多めで、中には人事制度や新商品開発、営業代行など他のサイトではあまり見ないような募集もあります。検索が便利で募集案件、業務内容から報酬まで簡単にチェックすることができます。

Skill Shift-あなたのスキルがつなぐ、地域貢献副業プロジェクト-

 

 

ふるさと兼業

岐阜県のNPO法人G-netが運営しています。地方発のサービスですが案件は北海道から九州まで全国が対象。募集案件は写真も多く、文章量もしっかりとあり、読み進めればプロジェクトの概要やゴールをしっかりと共有できます。案件は単発よりも中長期関わるものが多め。短期間訪問するツアー型プログラムやお試しプログラムも注目です。

ふるさと兼業

 

 

JOB HUB TRAVEL

人材大手パソナが運営するサービス。旅をするように働くというキャッチコピーが特徴的で募集案件近くの宿泊施設が同時に紹介されています。細かな募集内容は昔ながらの求人サイトといった見た目なので企業の想いよりも、仕事内容を優先して見たいという方に向いていると思います。

JOB HUB TRAVEL

 

 

SAGOJO

こちらも旅をしながら働くといったコンセプト。報酬は無料宿泊から高額なものまで様々。ライターや写真撮影、PRなどの案件が多いです。募集詳細は写真も文章量も多く読み応えがあります。

SAGOJO

 

 

ともるい

都会にいながら副業として地方で働くことができるサービス。フルリモートから現地入りが必要な案件まで条件が多様です。副業として関わりながら実際に地方に行ってみたい方にオススメ!

ともるい

 

 

YOSOMON!

NPO法人ETICが運営するサイト。プロジェクト単位で紹介・募集理由・業務内容・つくりたい未来や社会が詳しく書かれています。ETICは他にも全国のインターンシップを検索できるサイトや地域に関するイベントの主催など、数々の面白いサービスを行なっているので、ETIC全体を追いかけていくのがオススメ!

YOSOMON!

 

 

CON-NECT

日本最大級のクラウドソーシングを手がけるランサーズが運営するサイト。案件は従来のクラウドソーシングでイメージするような単発の案件が多く、どちらかと言えばフリーランスの方向け。

CON-NECT

 

移住することなく地方企業と副業を通して関われるのは素敵なことですよね。自分のスキルや経験を生かせる副業と出会うためにも継続してチェックをしていきましょう。