> コラム

次世代の経営術
「デザイン経営」

昨今、「デザイン経営」という言葉が注目され始めています。企業の競争力=デザイン力とまで言われるほど、デザインが重要視されているのです。デザインと聞いてどんなイメージを抱くでしょうか。想像しづらいと捉える方もいらっしゃるかもしれませんが、新規事業の立ち上げやブランド価値の創出などイノベーションを実現する力にはデザインが大きな役割を果たしているんだとか。今回は経営においてデザインがどのような役割を果たしているのかを解説していきます。

 

 

日本でも必要とされる「デザイン経営」

経済産業省・特許庁の元運営されている「産業競争力とデザインを考える研究会」から2018年5月23日に「デザイン経営」宣言という資料が提出されています。内容としては日本が現在捉えているデザインの考え方を見直す必要性、またデザイン経営を行うための実践方法、そして政府へのデザイン経営推進のための提言がまとめられています。この中でまず言われていることは日本がこのデザイン経営に関しては世界から遅れをとってるということです。

 

デザイン=企業競争力の向上

デザインの効果とはどのようなものが考えられるでしょうか。多くの方は企業ロゴやラグジュアリー品などの、ブランド価値を構築するものと想像する方が多いと思います。それもデザインが持つ一つの力です。これは、顧客と企業が接点を持つあらゆる体験に、その価値や意思を徹底させ、一貫したメッセージを伝えることで、唯一無二の存在だと思ってもらう。これが、いわゆるブランド価値を創出するといった力のことです。しかし今回の宣言ではデザインの持つ力というのは「ブランド構築に関するデザイン」以外に「イノベーションに資するデザイン」という力を持っているとしています。

 

出典:デザイン経営宣言

 

デザイン=イノベーションとデザインの関係性

では、デザインとイノベーションの関係性とはどういったものなのでしょうか。今回の宣言ではそもそもイノベーションの定義が違っており、以下のように記されています。

日本では、イノベーションは「技術革新」と翻訳されてきた。その「技術革新」は、研究開発によって新しい技術を生むこと、つまり発明(インベンション)とほぼ同義のように考えられているのではないか。しかし、イノベーションの本来の意味は発明そのものではなく、発明を実用化し、その結果として社会を変えることだとされている。革新的な技術を開発するだけでイノベーションが起きるのではなく、社会のニーズを利用者視点で見極め、新しい価値に結びつけること、すなわちデザインが介入してはじめてイノベーションが実現する。

抜粋:産業競争力とデザインを考える研究会 「デザイン経営」宣言

 

以上のように、デザインがなければイノベーションはそもそも起きないというようにまで「イノベーションに資するデザイン」の重要性を謳っています。ものづくり大国と言われた日本が、現在世界のIT企業に遅れとっているのはこのデザインが持つイノベーションに資する力を考えず、研究開発を重視し、それを社会に実装していく力が不足しているといった点が要因の一つなのではないでしょうか。

 

 

海外ではデザイン投資が注目されている

その点海外企業ではこのイノベーションを起こすためにはデザインが必要という考えが広まっています。欧米ではデザイン投資を行う企業のパフォーマンスについての研究がされており、とある調査によると、デザインに投資するとその4倍の利益が得られると発表しています。またデザイン賞に登場することの多い企業の株価は市場平均と比較して10年間で市場平均と比較して約2倍に成長しているという調査結果など、デザインの持つ力に注目し、研究がされています。

 

今回の宣言を踏まえて企業が今後成長力を増すためにも、デザインとは”ニーズを適切に捉え、必要な製品の開発・新しい体験の提供をするもの”だと考えを改めることが重要です。特に地方では自治体企業含め、空間づくりや、6次産業化など様々な取り組みを行なっていると思います。そんな時にいまいち成果が出ないと感じた時には一度今回の宣言を読んでみてください。この資料以外にも海外でのデザイン投資による成功例など、様々な情報があるので、何かヒントになるはずです。

参考:産業競争力とデザインを考える研究会 「デザイン経営」宣言