> コラム

試してみる?
おためしサテライトオフィス

いまは首都圏に住んでいるが、今後地方に移住してみたい。
実は地方移住や2拠点居住を考えているひとは少なくないらしい。これは個人に関する話ではなく、民間の企業にも言える話。最近、都市部にある企業が、地方にサテライトオフィスを開設し、本社機能の一部移転や二地域居住のワークスタイルを実践するケースが増えてきているのです。インターネットが普及した現代ではICTを活用し、時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方が可能になったことも背景にはあるのでしょう。

一方、地方公共団体においても雇用機会の創出や移住定住の促進、新しい産業の創出に向けて、サテライトオフィスの誘致への取り組みが活性化しています。地方におけるサテライトオフィスの整備は、都市部から地方への「ヒト・情報」の流れの誘因 となり、都市部人材の UJI ターンの促進、地元雇用の創出など、様々な形で地方創生に寄与することが期待されているからです。

しかし、民間の企業がいきなり見知らぬ土地にオフィスを構えるのもハードルが高く、現実的ではありません。そこで、一度サテライトオフィスがどんなものなのかを体験できる「お試しサテライトオフィス」という取り組みがあります。

お試しサテライトオフィスとは都市部のベンチャー企業などを対象に、一度地方で働く事を体験していただいた上で、サテライトオフィス開設につなげていこうとする取り組みで、総務省が行っているプロジェクトの一つです。自然に囲まれた豊かな職住環境と大都市オフィスと同水準のICT環境を提供することで、地方でのメリット、デメリットを体験できます。総務省としても、地方への新たなヒトと情報の流れをつくるため、「お試し勤務」を通じて民間企業のサテライトオフィスに係るニーズを実践的に把握し、地域の特性を活かした誘致戦略を策定する地方公共団体の取組を支援しています。

 

総務省 地域力創造グループ 地域自立応援課「おためしサテライトオフィス」

お試し勤務の受入れに取り組む地方公共団体については、「おためしサテライトオフィス」において公開しているので、ぜひこれらのサイトを活用して、新しい働い方への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。